プロフィール

大ちゃんママ

  • Author:大ちゃんママ
  • アンジェルマン症候群という稀少染色体疾患を持って生まれた息子です。
    このブログを通じて多くの人にこの疾患を知って欲しい
    また同じ疾患のお子様を抱えている方に見て欲しいという願いからあえて疾患名を告知しました。
    障がいは持っているものの毎日笑顔が絶えず元気に過ごしています。
    そんな息子ですが宜しかったらご覧ください。

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事+コメント

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セサミブレッド

今日はセサミブレッドを焼きました。
出来たてフワフワ~

紅茶豚を挟んで食べたらめちゃ美味しかった~


今日の旦那弁当です。
スポンサーサイト

今日の旦那弁当

ココファームワイナリー

知的障害者が作っている葡萄畑で
作られるワイン
ココファームワイナリーをご存知ですか?

こころみ学園の歴史
HPより~
 1950年代に、特殊学級の中学生たちによって開墾された葡萄畑が、私たちのワインづくりの原点です。この足利市田島町の急斜面の山で、当時、知恵遅れと呼ばれていた少年たちは、汗まみれになりながら夏草を刈り、寒風の吹きすさぶなかでお礼肥えの穴を掘ってきました。

 平均斜度38度のこの葡萄畑は、陽当たりや水はけがよく、葡萄にとっては最良の条件です。しかし、耕運機やトラクターが使えず、人間の足で登り降りするしかありません。剪定後の枝拾いや、堆肥を運びあげる仕事、一房一房の摘房作業、そしてかごをかかえての収穫・・・全ての作業が、自然のなかでの労働を通して、自らの力をつけ、その力をもとに自然の恵みを引き出していくことでもありました。そんな毎日の暮らしのなかで知恵遅れと呼ばれ続けてきた少年たちは、知らず知らずのうちに寡黙な農夫に、陽に灼けた葡萄畑の守護人に、醸造場の働き手になっていきました。

 1980年代のはじめに、知的なハンディを持つ人たちの自立を目指してつくられたこころみ学園のワイン醸造場も、1980年代の終わりにこころみ学園の園生たちが葡萄を植えたカリフォルニア・ソノマの葡萄畑も、まさに自然のなかでの労働と暮らしから、自然の恵みであるワインを享受していくことでした。
 現在、この葡萄畑から一望できるこころみ学園には90名の利用者がいます。そのうち85歳を筆頭に50歳をこえた人は56名。つまり、ここに働き暮らす人たちのうち、約2分の1が高齢の知的障害者です。草刈りに大がまを振るっていたA君も山のような洗濯物を干してきた I さんもだいぶ歳をとりました。彼らは今、ゆっくりとではありますが若い農夫と一緒に、あらたな葡萄畑の開墾に明日の夢をつないでいます。
 私たちは、伝統や名声を誇る外国のシャトーのように、潤沢な資金を持つことができません。大手のワインメーカーのように、大量生産することもできません。
 しかし、葡萄を育てワインを醸す仕事に、名もない(自分の名前さえ書けない)人たちが中心になって取り組んできたことを・・・どんなに辛くても、一年中空の下でがんばってきた農夫たちがいることを、ひそかな誇りに思っています。ここにご紹介するワインは、葡萄づくりに、ワインづくりにがんばってきた知的障害の仲間たちが、のんびりと葡萄畑で自分にあった仕事-草取りや、石拾いや、カラス追い-をしながら、自然に囲まれて、安心して年をとっていけますよう、そんな願いが込められています。

 歳をとることは明日があること、明日があることが続くと、おじいさんやおばあさんになること。
「あした(明日)、がんばん(がんばる)」・・・ここの農夫たちに、思う存分のお力添えを賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2011年 こころみ学園 職員一同
 ココ・ファーム・ワイナリー スタッフ一同

HP
http://www.cocowine.com/index.shtml

今日のお昼は
キムチときんぴらのパスタ

フォカッチャでした。

皿からフォカッチャ食べるダイスケ

あっという間に無くなります。
自分で食べてくれると助かります。
3時のおやつはスポンジケーキ
板チョコ挟んで見ました。

午前中から怪しい咳をしている
ダイスケ。
ひどくならなきゃいいけど(-。-;

遠足の様子です。

解りにくいけど遠足の時の様子です。
楽しそう~


お弁当半分も残して心配したけど
弁当食べる前にスポンジケーキ
4個も食べたらしい。
どうりで、納得です(*^_^*)
今日のお昼はフォカッチャ
ゴマチーズ入りです。
外はカリッと中はふわふわで
美味しかったです。

あなたへ

ネットで見つけた文章を転載します。

あなたへ

あなたは今

笑っていますか?



一瞬でもいい


微笑む瞬間はありますか?


一瞬でもいい


微笑みたいと願う瞬間はありますか?







ありがとう。






あなたは今まで沢山の辛い事を

抱えてきた。




それでもなお






あなたが「今」微笑んでくれる瞬間に

あなたが「今」微笑みたいと願う瞬間に

あなたの強さを見ます。









あなたが微笑む時








その光は無限の光となって

周囲を照らしてくれるのです。









苦しみもあったはず







それでも「今」微笑んでくれるあなたへ

それでも「今」微笑もうとするあなたへ






愛と感謝を捧げます。

お家カフェ?

今日のお昼は、大豆とキムチのお粥を作りました。
出来た~

いただきま~す

食後に梅酒の蒸しケーキを
作りました。

美味しかった~
ダイスケもパクパク食べてました。
梅酒は大さじ1しか入ってない
のであまり解らないです。
手作り最高!
お家カフェと言うよりお家食堂(^◇^;)
夜は何にしましょう。
久々豚ハンバーグ行きますか。
ダイスケは運動会練習疲れで
昼寝中です(*^_^*)

今日の旦那と息子弁当です。

食べて来てくれるかな~
ダイスケは朝から餃子モリモリ
食べてました。
朝からよく食べれるよね汗

こちらは昨日のお料理会
セサミブレッド

白菜のサラダ

他にミネストローネ
どれも美味しかったです。

白菜サラダは晩御飯にも
作りました。

餃子昨夜もモリモリ

弁当用に取っておいて良かった~汗
ダイスケの日焼けはだいぶ
良くなりました。
化粧水パッティングしまくり
乳液も塗りました。
帽子かぶれたらいいんだけど
やはりヘルメットしかない( ̄◇ ̄;)

日焼け

今日の遠足、そんなに晴れてなかったんだけど、凄く日焼け
してました。
ビックリ☆~(ゝ。∂)

遠足

ダイスケは遠足でした。
旦那とダイスケの弁当

半分も残して来てビックリ。
こんなに残したの初めてかも。
私が美味しくいただきました。
曲げワッパ弁当箱やはりいいですね。
学校の後はお風呂支援です。
今頃スーパー銭湯で疲れを癒してるのかな~
差入れ用にフオカッチャ焼きました。
ハムチーズ入りです。

お風呂支援の日は入れなくて
良いから楽チン~
1人でノンビリ入ります(*^_^*)

スポンジケーキ

昨日はスポンジケーキを焼きました。
サラダ油大さじ1しかはいってないからアッサリしています。
片栗粉入れてるせいかふわふわです。
何もつけなくても食べれちゃう。
ダイスケも大好きです。

晩御飯は久々餃子
ニラとキャベツが安いので嬉しい
沢山焼いてガツガツ食べます。

今日の旦那弁当
今日2個しか余らなかったから
1個いれました。

残りの1個は息子の明日の遠足の
お弁当に入れます♪( ´▽`)
クッキーも焼いたよ。
クランベリーイチジク入りです。

自分を可愛がること

ネットで拾いました。
転載します。

自分を可愛いがっていますか?


自分を大切にしていますか?


どんな自分でも、「私って、可愛いよね」と思ってください。



上手く行かなくて、失敗して落ち込んだり

ちょっとしたことに、大喜びしたり

ヘタだけと一生懸命に、何かに打ち込んでいたり

思い通り、予定通りにならなくても



本当に「私って、可愛いよね」と、思ってください。


他人は、自分が思っているほど、可愛く感じていないかも知れない・・


「あの子、自分で可愛いと思っているけど、それ程でもないよね・・」

と、言われても


でも、でも、良いんです。

自分が可愛がるんです。

自分が自分を可愛がるんです。


間違えたり、上手く出来なかったり、

投げ出して情けなく思ったりする自分



そんな自分を、可愛いがって下さい。

大切な子供を愛しむように、自分の成長を応援してあげてください。


弱くなって、心が泣いている時も

「頑張っているね、ありがとう」と、自分に言ってあげてください。


自分を可愛いがっていたら、

育って行くんです。

自分が大好きだと、気が付くんです。

自分を大切だと、全てが大切になるんです。

そして、全てから大切にされるんです。。。

しゃべるお父さん犬

SoftBankから届きました。

お父さん本当にしゃべります。
あの渋い声で(*^_^*)
振ると話すからダイスケに
あげたら大喜び


よだれで壊さない程度に
しておきます(^◇^;)

今日も

パン焼きました。
クランベリーゴマ入りです。


青いうさぎも仲間入り
可愛い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


今日の旦那弁当です

旦那弁当

今日の旦那弁当

昨日の旦那弁当


昨日焼いたアップルシフォンケーキ

ハムロールパン

パンにハムと玉ねぎ、チーズが入っていてマヨネーズも塗って
ます。
お昼にピッタリ(*^_^*)

今朝は4時起き
息子に起こされました。
眠い(-。-;

1day

編みぐるみGETしました。
可愛い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ドーナツとS字フックも買ったよ。
美味しかったです(*^_^*)


今日の旦那弁当です

お料理会

今日のメニューは
豚肉梅じゃん蒸し

あさりブロッコリー

スィートポテトタルト


他にポン酢ごはん、キャベツ丸ごとスープでした。
どれもヘルシーで美味しかったです(*^_^*)

今夜はダイスケの学校の役員会です。
長い一日になりそうです~
ダイスケは只今お昼寝中
今朝2時半に起きてたからね。
お疲れさん(*^_^*)

母の日

1週間遅れで母の日祝い
実母にほうじ茶シフォンケーキ焼いて持って行きました。
喜んでくれました。

卵4個25分で焼けるのでお手軽です。
何日か前の晩御飯

キーマカレー、ナポリタン、大根とほうれん草のサラダ
いつも作り過ぎちゃうんだけど
何故か全て綺麗に無くなる。
大食いな我家です(*^_^*)

昨日はどんぐりのパンを買ったよ。
ちくわパンが有名なお店です。
調理パンはどれも絶品
近所にあったら通うだろうなぁ


今日は久々コストコにも行ってきました。
結構混んでたなぁ~
車椅子だからカートは持てず
コーヒー豆だけ買って来ました。
値上げしてなくて良かった~(*^_^*)
ドライブとコストコが大好きな
ダイスケ
おとなしくしてました。
良かった~
息子とプチデートな週末でした(^_-)-☆

今日のハードパンはゴマチーズ
美味しかったです。

旦那弁当


今日は久々普通学級のHRに参加
して見ました。
教室は2階の奥でした。
エレベーターで上がります。
遠かったなぁ~
車椅子の練習にはなるかな
昨日も歩行訓練2時間もしたらしいし最近食欲復活。
晩御飯も朝ご飯もモリモリ食べてます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

只今お昼寝中
ぐっすり寝ています(*^_^*)

今日もハードパン焼きました。
甘納豆、ゴマ、クランベリー、レーズン入り
めちゃくちゃ美味しかった~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
半分は支援サービス事業所に
差し入れました。


ほうじ茶シフォンケーキも焼いたよ。
甘さ控え目で美味しかったです。


今日の旦那弁当
やっつけ弁当です~(^◇^;)

ハードパン

久々焼きました。
甘納豆ゴマ入り
美味しかった~幸せ
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



そして今日の旦那弁当
最近やっつけ弁当なって
来たわ汗

あたりまえ

ネットで読んで共感しましたので転載します。

「あたりまえ」

穏やかな一日が終わろうとしていました。
しかし
けたたましいサイレンの音とともに
事態が急変したのです。

三歳の子が痙攣を引き起こし救急車で運ばれたのでした。
インフルエンザ脳症です。

通常
一本の注射を打てば治まるはずの痙攣が
三本の注射を打ってもまだ治まりませんでした。

脳に炎症を起こし
それが血管をとおり全身にまわっていました。

免疫が壊れ、自らを攻撃する状態となっていたのです。

痙攣の発作が起きるたびに

うろたえ

祈りながら

泣き崩れる母親の姿と

意識不明のわが子の手を握り

しっかりと見据えた父親の姿が

そこにはありました。

全力を尽くしても助かる場合もあれば助からない場合もある。

もし助かったとしても

脳の障害という後遺症が残る可能性があるとの現状を

医師から聴かされた

まだ若い夫婦の二人の姿がそこにありました。




もうこの病院では手の施しようがなく

他の病院に搬送の準備が行われようとしていました。

しかし

私は

動かすこと自体に生命の危険を感じていました。

その間

国立病院では受け入れ拒否になりました。

隣県の大学病院との連絡などで時間が引き延ばされていきました。


このときは

もうすでにその日の日付が変わっていました。


そのうち子供は小康状態となりました。


また

ちょうど前日に

宮島の大聖院にて開眼法要で「魂」を入れていただいたばかりの仏壇に

私は手を合わしました。

天と繫いでいただいたことを信じながら祈りました。







その数時間後の翌朝

未明

なんと

昏睡状態の中から意識が戻ったのです。

不思議なことに

一命を取り留めることができました。



奇跡です!



このとき

はじめて

父親の流す安堵の涙がそこにはありました。






「何歳?」

「元気になったら何が食べたい?」

の医師の問いかけに

「三歳」

「アイスクリーム」

としっかりと答えることができました。

これで一応、脳の障害への後遺症は免れたようです。


意識が戻ってからというもの医師も驚くほどの回復振りでありました。
三日間をかけて投与する薬もこの状態なら一日だけで必要はないようだけど、
かといって中途半端なことはできないし・・と、医師を悩ますほどになりました。

回診のたびに「何歳?」と聞かれると「五歳!」とさばを読み、答え、
おどける余裕も見せるようになりました。

鼻や手足についた点滴の管が次々と抜かれる状態となりました。

食事開始も普通食で始まりました。

日に日に回復の兆しが見え
それであれば二週間の入院予定だったのが
それさえも超えて、なんと一週間で退院の運びとなりました。





悪夢のようなひとときでしたが

今回の一件で

若い夫婦はわが子を通し強い絆を深めていきました。

子供にできわく病気、怪我、非行・・・。

そのことを通し何かを親に気づかせてくれる

チャンスを与えてくれるのだと思います。

夫婦として父として母として親子として

たくさんの気づきと学びがあったように思います。



「あたりまえ」が壊れたときに気付きます。



私は

度重なる偶然という中の必然に数々の奇跡があり

神様、仏様、人様の応援があることに気づかせていただきました。


そのことを人は運がよいというのでしょうか。













あたりまえ
こんなすばらしいことを、
みんなはなぜよろこばないのでしょう。

あたりまえであることを。
お父さんがいる。お母さんがいる。

手が二本あって、足が二本ある。
行きたいところへ自分で歩いて行ける。
手を伸ばせばなんでもとれる。
音が聞こえて声がでる。

こんなしあわせはあるでしょうか。

しかし、だれもそれをよろばない。
あたりまえだ、と笑ってすます。

食事が食べられる。
夜になるとちゃんと眠れ、
そして、また、朝がくる。
空気を胸いっぱいにすえる。

笑える、泣ける、叫ぶこともできる。
走り回れる、
みんなあたりまえのこと。

こんなすばらしいことを、
みんなは決してよろこばない。

そのありがたさを知っているのは、
それをなくした人たちだけ。

なぜでしょう。あたりまえ。

『飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ』より




今日の旦那弁当
オカズ少なめです(^◇^;)


お昼はフォカッチャ
餅チーズ入りです。
お腹一杯になりました。


ほうじ茶のシフォンケーキも焼いたよ。
25分で焼けます。

ギョギョっと(^O^☆♪

ギョギョっと鯉のぼりケーキを作りました。
子供の日に間に合わなかったけど
ダンナもダイスケも沢山食べてくれました。
スポンジも生クリームも甘さ控えめにしたから食べやすかったです(^_-)-☆
これは簡単に作れたから来年も作ろうっと(^O^☆♪

今日のダンナ弁当

井泉のトンカツ入ってます。
柔らかくて美味しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

フォカッチャ

今日のお昼はフォカッチャ作りました。
チーズとろりフワフワ~
ダイスケも沢山食べてくれました。



あまりに美味しくてまた1枚作りました。
ダイスケとパクパク
一切れ余りました(*^_^*)

食パン

今日の食パン、白神こだま酵母で焼いて見ました。

味は
クランベリー、甘納豆、ゴマです。

お腹一杯です。
ダイスケは薬を飲んだら爆睡です。
咳が止まらないので強い薬
飲ませました。
お腹こわさないと良いけど(^◇^;)

さっちゃんのまほうのて

さっちゃんのまほうのて

たばたせいいち

先天性四肢障害児父母の会
偕成社

絵本の中の一部紹介させて下さい

゚+。*。+゚゚+。*。+゚゚+。*。+゚





さっちゃんは きょう、とっても おかあさんに なりたかったのです。


おかあさんになって、みんなに おやつを あげたり、あかちゃんに ミルクを のませたり したかったのです。


ほんとは、ようちえんの ままごとあそびの おかあさんですけどね。




けさ、おかあさんがいいました。
「さっちゃん、もうすぐ おねえさんね。」


おかあさんのおなかは、もう こんなに まるくて おおきいのです。

じきに あかちゃんが うまれるのでしょう。


「あかちゃん、ここにいるのかな。」さっちゃんは、おかあさんのおなかを そっと なでました。それから
「さっちゃんも おかあさんに なろっと!」そうきめたのです。




さっちゃんたちの すみれぐみでは、いま、ままごとあそびが、とってもさかんです。


ほら、おおきなはこに ままごとのどうぐが いっぱい つまっているでしょう。


このあいだなんか あばれんぼうの あきらくんまで むちゅうになって

「きょうは おとうさんが みんなに とくべつうまいものを くわせて やるぜ!」って、だいかつやくしたのです。


でも、おかあさんになるのは いつも、せのたかいみよちゃんか まりちゃんに きまっています。

さっちゃんは たいてい、ちびのいもうとか あかちゃんです。


さっちゃんだって、いちどでいいから ながいスカート はいて エプロン つけて、おかあさんに なってみたいのです。
「ほらほら、ごはん こぼしちゃ だめでしょ。」なんて いってみたいのです。


だから けさ、ようちえんで けいこせんせいが、
「きょうのおかあさんは だれですか?」っていったとき、
「あたし おかあさんに なる!」って とびだしたのは さっちゃんでした。

さっちゃんは かけていって、 ままごとばこから エプロンを さっと ひっぱりだしました。


まりちゃんが、あわてて いいました。
「あたしよ、おかあさんは!」


「ちがうよ、きょうは あたしよ。あたしだって おかあさん やりたいもん。」


そしたら まりちゃんは おこって、まっかなかおをして いいました。

「さっちゃんは おかあさんには なれないよ! だって、てのないおかあさんなんて へんだもん。」


まわりにいた ゆきちゃんや なおこちゃんも、
「そうよ!」「へんだよ!」といいました。

「おれ、おとうさん やーめた!」って、あきらくんが いいました。



「あたしだって おかあさんに なれるよ!」

そう さけぶと、さっちゃんは エプロンをにぎりしめたまま、まりちゃんに とびかかりました。
まりちゃんもまけずに、さっちゃんのかみのけを ひっぱりました。
けいこせんせいが あわてて とめにはいったとき、さっちゃんは いきなりエプロンを まりちゃんに なげつけて、へやのそとに とびだしました。


だいすきなかばんも ぼうしも おいたまま、くつも はきかえないで、ようちえんを とびだしました。

「みんな みんな、だいっきらい! だいっきらい!」 こころのなかで そう さけびながら、さっちゃんは かけました。

じどうしゃが けいてきを ならしても、じてんしゃのおねえさんが ころびそうに なっても、 さっちゃんは きがつきません。

「どうしたの さっちゃん!」 かどのぱんやの おばさんのこえも、さっちゃんのみみには はいりません。


ただいまも いわず、さっちゃんは げんかんのドアを あけました。

「さっちゃん どうしたの?」

びっくりして、おかあさんが ききました。

さっちゃんは ハーハー あらいいきをして たっています。


「おかあさん、さちこのては どうして みんなと ちがうの? どうして みんなみたいに ゆびが ないの? どうしてなの?」




あなたのてには、ゆびが いくつありますか。
おとうさんゆび、おかあさんゆび、おにいさんゆび、おねえさんゆび、それから あかちゃんゆび、

グー チョキ パー、
きつねや いぬの かげえを つくったり、ひとりあやとりも できますね。

てには、いつつのゆびが
あります


でも さっちゃんの みぎてには いつつのゆびが ないのです。


おかあさんは、もう むねが いっぱいでした。
だまってさっちゃんを ぎゅっと だきしめました。

しばらくして、ちいさいけれど とてもしんけんなこえで いいました。
「さちこはね、おかあさんの おなかのなかで、はじめ、ちいさな ちいさないのちのつぶだったの。

その いのちのつぶが だんだん おおきくなって、てや あしや しんぞうが できて、にんげんのからだに なっていくの。

でも さちこは そのときに、おなかのなかで けがをしてしまって、ゆびだけ どうしても できなかったの。
どうして おなかのなかで けがなんかしてしまうのか、まだ だれにも わからないの。」



「しょうがくせいに なったら、さっちゃんのゆび、みんなみたいに はえてくる?」
さっちゃんは おかあさんのかおを じっと みつめて、ききました。


おかあさんは りょうてで、さっちゃんのてを やさしく つつみました。



とても つらいことでしたが、おもいきって いいました。
「さちこのてはね、しょうがくせいに なっても いまのままよ。ずっと、いまのままよ。
・・
でもね、さっちゃん。これが さちこの だいじな だいじなて なんだから。
おかあさんのだいすきな さちこの かわいい かわいいて なんだから・・。」


さっちゃんのめに みるみる なみだが あふれました。
「いやだ、いやだ、こんなて いやだ。」

おかあさんのめにも やっぱり なみだが あふれました。



そのひの よる、おふろから あがった さっちゃんは、ふと かがみに うつっている じぶんに きがつきました。

ゆびのない ちいさな まるいて。かがみのなかの ては、まるで はじめてみる しらないひとの てのようでした。

「さっちゃんは おかあさんには なれないよ!だって、てのないおかあさんなんて へんだもん。」

ほんとだったら どうしよう。もし、ほんとだったら どうしよう。

ふとんのなかで さっちゃんは、いつまでも ねむれませんでした。



つぎのひ、さっちゃんは ようちえんを やすみました。
いちにちじゅう、おにわで だいすきな くまさんと あそびました。


おかあさんが しんぱいして はなしかけても、
「いいの。」と いうだけです。

ゆうがた、けいこせんせいが やってきても やっぱり「いいの。」と いうだけでした。




さっちゃんが ようちえんに いかなくなって、なんにちか たちました。

なかよしのみちこちゃんが あそびにきたときだけは、ひさしぶりに たのしそうでしたが、
あとは やっぱり、もとの さみしいさっちゃんでした。






おかあさんに、とうとう あかちゃんが うまれました。

さっちゃんは おとうさんに つれられて、びょういんに いきました。

ゆりかごのなかで、あかちゃんは ねむっていました。
さっちゃんが そっと ほっぺたに さわると、ぴくんと かわいいりょうてを ふりました。

「さちこのおとうとだよ、よろしく。」
おとうさんが、にこにこして いいました。

「さちこも とうとう おねえさんね。」
おかあさんも、とても うれしそうでした。



びょういんのかえりみち、おとうさんとさっちゃんは てを つないで あるきました。


まちも そらも、いっせいに ゆうやけいろに なりました。


さっちゃんが、ぽつんと いいました。
「おとうさん。さっちゃんも、おかあさんに なれるかな。」


おとうさんは びっくりして、さっちゃんのかおを のぞきこみました。

「さっちゃん ゆびが なくても おかあさんに なれるかな。」


「なあんだ、さちこは そんなこと しんぱいしてたのか。
なれるとも、さちこは
すてきなおかあさんに なれるぞ。
だれにもまけないおかあさんに なれるぞ。」

おとうさんは、さっちゃんのてを おおきく ふって いいました。

「それにね さちこ、こうして さちこと てを つないで あるいていると、とっても ふしぎな ちからが さちこのてから やってきて、おとうさんのからだ いっぱいに なるんだ。

さちこのては まるで まほうのてだね。」


゚+。*。+゚ ゚+。*。+゚ ゚+。*。+゚



その後 自分の力 で 立ち上がって いく・・ 続きがある素敵な お話 でした・・。



「これが、わたし」と、子どもなりに自分の現実をひきうけている・・

「障害児」という特別な子どもがいるのではなく、豊かな力を体じゅうに秘めている可愛いらしい子どもたちがいる。

それが さっちゃんです
【小冊子より】


バギーのお礼に(*^_^*)

東京のエンジェルママさんにダイスケのバギーを譲りました。

ダイスケのバギーが違うお家に
あるのが不思議でした。
こうやって活用されるのは
嬉しい。
安い買物じゃないし、でも足代わり無くてはない必須アイテムです。
ダイスケは小学生になってから
車椅子ばかり、まさか自分でこげるようになるなんて思っても見なくて嬉しいサプライズでした。
今は車椅子が欠かせない毎日です。
バギーを譲ったママさんから
お礼の品をいただきました。

ハーブのボディーソープやハンドソープなどオシャレです。
ココママさんありがとう(^O^☆♪


今日のパンはリンゴを煮たのを挟んで焼きました。
美味しかったです。


今日の旦那弁当
風邪引いてるのでオカズは控えめにしました(*^_^*)

GW

始まりましたね~
我家はダイスケの風邪が家族に移り、みんな風邪ひきです涙
ダイスケも完璧になおってなくて
薬のせいかみんな寝る寝る~
暖かくして寝るのが1番ですね。
食事もバラバラなので私が食べたいもの。
お昼はフォカッチャを作りました。

キーマカレーとキンピラを半々
チーズたっぷりいれて作りました。
柔らかくてボリュームもあって
美味しかった(*^_^*)
五月人形もギリギリ何とか
出しました。
鯉のぼりどうしよう~
雨降ってるし汗
鯉のぼりケーキにしようかな

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。