この記事のみを表示する未来予想図

未分類

ドリカムの歌見たいですが汗
だいすけの未来予想図です。
昨日学校で個人面談があり
旦那と行ってきました。
先生がだいすけの未来予想図を作って下さってました。
小学4年のだいすけ
今は中学進学先の事くらいで
その先は漠然としか考えてなかった。
文章化する事で未来に向けて考える
事が出来そうです。
未来予想図はだいすけの年齢、親の年齢、その時に何が出来て欲しいか書いていきます。
台所の壁に貼って思いついたら書いて行こうと思ってます。

中学から行こうと思ってた養護学校のスクールバスは手放しで歩けないと乗れない事がわかりまた振り出しにもどりました。
やはり、札幌の学校に寄宿か市内の支援級になりそうです。
やはり縁がなかったのかな
まだ2年あるので見学したりして考えて行こうと思います。
相変わらずトムジェリーが大好きなだいすけ

この笑顔が続く日常を過ごせますように。
親の願いです
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

>はぴぃ〜さん>はぴぃ〜さん

ありがとう。
直接聞いたわけでは無いんだけどママ友さんの話だと線引きしないと無制限に入って来てしまうから見たいです。
知的学校は何処も満杯だもんね。
旦那と見学に行って決めたいと思ってます。
最近体力の限界も感じてて寄宿もありかなと思ったり。
寂しいけどね苦笑

知的養護ですか?がんばって説得してくださいね。
みぃの今の学校は知的肢体部門両方ありますがうちの地域は知的の子のみしか入れずバスも小〜中の知的の子ばかりです。でも説得して入れましたしなんと次の年からは知的部門にバギーもちこみの重複児がたくさん入りました。

またバスもそばに車路駐して私がリュック背負って片手繋ぎでバスまで歩いているし階段は下段からよっこらせと縦抱っこで上まで持ち上げて立たせてスタッフさんが受けてキャロットのカーシートに持ち上げて乗せてくれます。
帰りはスタッフさんがよっこらせと階段下まで縦抱っこで降ろしてくれます。

知的部門のバスはスタッフさんが必ず乗ります。
自閉ちゃんで日によりパニックにより暴れちゃう子も時にはいるからです。
(誰かがさわったとか天気とか気圧で)ちょっかい出す子や周りが気になる子には二人席の間に衝立をしたりもその日その日でやってくれます。(中学生は大きいからスタッフさんも大変そうです)
皆それぞれ個性のある子たちばかりなんだからいつもニコニコの大ちゃんが多少バスで介助必要だって問題ないと思うんですよね。
それでもダメなら肢体学校では高校生でも重心ママはカーシートまで横抱っこで乗せているそうなので「私が乗せますから」粘るか…ですかね。(降ろすのは先生にまかせると思いますが…)でもそれまでには腰も痛めそうだしなんとか手すりで登り降りができるといいなあと私も思ってます。
そんなバスのために入れないなんておかしいと思うので諦めないでくださいね。